CRAZY HAIR & HAT DAY

2017.06.23.13:19

本日で2学期が終了。
3学期は、7月10日から。

2学期の締めくくりイベント。
・次男の学校 SUPERHERE DISCO
昨日22日 5:30~8:30PM
ヒーローのコスチュームを着て参加するディスコ。
行かなかった。大きい音、みんな苦手なので。

・長男の学校 CRAZY HAIR & HAT DAY
本日23日 面白おかしい髪型と帽子で!

長男の通っているハイスクールでは、年に一度CRAZY HAIR DAYがある。どこの小学校やハイスクールでも行っているイベント。可笑しな髪型にしたり、パンクヘアーみたいにツンツンにしたり、色スプレーを付けたり、いろいろしている。長男は、まったく興味を持たず、これまでCRAZY HAIRをしたことがない。

今年長男12年生。ハイスクールの生徒会長をしている(ハイスクールの科目、ハイスクールのスクールリーダーに関しては又書きます)。生徒会では、学校の年間行事を決める。今年1学期が始まった頃に、長男とこんな会話をした。

「今年もあるよね、クレイジーヘアー?」
「あるよ」
「いつ?」
「多分、2学期と違うかな。次のミーティングでわかる」
「クレイジーヘアーを決めるのは生徒会やったよね?」
「うん」
「クレイジーヘアー&ハットデーにしたら?」
「なんで?」
「なんでって。面白くないやん。一回も参加せーへんのん」
「?」
「クレイジーヘアーにする生徒は限りがあると思うねん。女の子は髪の毛さわるの好きやからいいけど。ツンツンパンパンな髪型にしたい男の子もいいけど。他の生徒はまったく関心ないやん。帽子やったらもっと気軽にできると思うよ。家にある帽子や野球帽かぶるだけでもいいもん。なぁなぁ、作るよ、面白い帽子(笑)」

今年は、CRAZY HAIR & HAT DAYに!。生徒会で決まったこのことを、スクールリーダーミーティングで発表した時に、スクールキャプテンの女の子がたいへん喜んでいたことを長男から聞いた。この女の子は髪がないと思うのです。いつも頭を覆っています。長男も詳しいことは知りません。喜んでもらえて、私も嬉しく。

面白い帽子を作る気満々だったけど。
長男は、日本で買ったお気に入りの帽子で登校。

同じハイスクールに通っている日本人友達Tさんの娘さんは、ラーメンヘアーだと。娘さんは、プラスチックのラーメン鉢も買っているらしく(笑)、後日に写真を見せてもらうことになっている。楽しみ、楽しみ。

さて、私。
ハイスクールの休憩時間に合わせて買い物に出て校庭の傍の道を通り、生徒の髪型と帽子を見てきた。こんな風に楽しくしているクレイジーな母親は私くらいだろうな。

スポンサーサイト

富士山の絵を2枚描きました

2017.06.18.21:43

6月12日
市内中心地で大学の科目の重要なテストがあったので長男と私はバスに乗り、中心地に出た。テスト開始時間や場所の急な変更のことを考えて同行する。テストを受ける場所は大学だったり、市内中心地だったり、毎回違う。

変更なし。私は歩いて帰ることにした。途中、画材&特注フレーム店に入った。そのうち描こうと思っている絵のフレームを見ようと思っていた。気に入ったものがない時は、また来るつもりだったので気持ち的には、通り道だから覗く、ぐらいだった。最近よく思うことだけど、こんなに簡単にあるなんて! これ以上適したものはないかも、と思うフレームをふたつ買った。A4サイズと約11.5cm×約21.5cm。

約11.5cm×約21.5cmのフレームは「富士にはひまわりがよく似合う」と同じ材料。昨年に買った時は、買ったフレームだけだった。今回のフレームは、ひと回り大きい。富士山の絵は「富士にはひまわりがよく似合う」だけのつもりだったけど・・。

先月の夕暮れ、自転車で坂道を上がっている時に、前方に大きな月を見た。この綺麗なお月さんと富士山の絵を描こう、そんな気持ちになった。買ったフレームには、富士山と月の絵を入れよう。2枚の富士山の絵を同じフレームに入れることを考えていなかったけど、良いのを買えてよかった。

気持ちの隅っこにいつもあることを文章にしよう、と思い立ったのは数年前。少し手を付け始めて止めていた。吉原駅で富士山を見た時に、考えがひとつ進み再び書き出すつもりだったのに「富士にはひまわりがよく似合う」を書いた後に、またひとつ進み、気持ちが変わってしまった。もう書かないと思う。富士は不思議な存在。冷静沈着であり、霊性沈着。

6月13日
小児科の先生に次男の様子を診てらもう日だった。都合の良い時間帯のバスがなく、雨模様だったので出勤する主人の車で送ってもらった。病院に付いたのは診察予定時間の1時間半前。カフェに入って待っている間に、富士山と月の絵のイメージが浮かんできたのでスケジュール帳にそれを描いた。

いつもは一気に絵を描いているけど。
今回は少し描いては置いておく、こんな描き方だった。描いている途中に、色や構成を何度も変更したくなったので、やっぱりそのままにする、やっぱり変える、手を止めて考える時間を作ったりしたから。13日の夕暮れから16日の夜の間に、2枚の絵を描いた。どちらの絵も“完成”したのは16日の夜。

薄い色合いの小さな絵、“完成”という言葉は大きすぎるんだけど。書こうと思っていた文章の代わりの絵。気持ちがたっぷり入っている。

「富士には月見草がよく似合う」
最初のイメージ画とは、絵題も構成も違ったものになってしまった。
2017-6-19a.jpg

「富士とサクヤコノハナヒメ」
急に浮かんで描きたくなった。円が富士山。青色は火山の奥にあると思うもの。
2017-6-19b.jpg

描いた絵を主人に見せた。
「日本人は富士山が好きやな」
「好きやよ」
「今度パプリカの絵描いてくれる」
「それになるんや(笑) オッケー」


さぁ、八ヶ岳へ行こう

2017.06.13.12:54

パソコンルームの壁のカレンダー。
2017-6-13a.jpg

神々の楽園八ヶ岳『美しき四季折々の表情』

「もののけの森」
「白駒の池」を取り囲む原生林の一角には、「もののけ姫」に出て来そうな神秘的な空間があり「もののけの森」と呼ばれている。そこには様々なコケが群生しており、コケに興味のある方には最高の観察地である。

このカレンダーは、昨年11月27日。小淵沢のカフェ&ギャラリー「徳乃蔵」で買ったもの。昨年の日本旅行は、人と人、人と場所、人と事、つながることが多かった。

八ヶ岳近辺については詳しく知らなかった。長年の年上の友達が別荘を持っていることから、この友達が選んだ八ヶ岳は素敵なところなんだろうな、この程度だった。この友達と2014年の暮れにスカイプをした時に「最寄り駅はどこなんですか」と聞いた。「小淵沢」と友達。小淵沢、初めて聞いた駅名だった。「日本に来た時においでよ」と誘ってもらった。後でパソコンで調べようと思い。机にあった紙の端っこに、鉛筆で“こぶちざわ”と書いた。その時はもちろん漢字がわからなかった。

その数日後に、関東在住のPSAのSさんの文章で「龍の切り絵展」を見る為に小淵沢に行ったことを読んだ。ちょっとびっくりした。小渕沢が出てきたから。長男は小さい頃から「ドラゴン・龍」に興味を持っているので「龍の切り絵展」に関してをもっと詳しく知りたくてパソコンで検索した。その時に、小淵沢のカフェ&ギャラリー「徳乃蔵」を知った。

「徳乃蔵」のオーナーさんのブログで、井戸尻遺跡と古代蓮のことを読んだ。井戸尻遺跡のことは、八ヶ岳に別荘を持っている友達からも聞いていた。空気が違う、友達のメールに書いてあった。それを読み、行ってみたいなぁ、そう思った。その後、高良留美子さんの本『花ひらく大地の女神』の中に井戸尻遺跡に関してを読み、行きたい気持ちがさらに強くなった。

「徳乃蔵」のオーナーさんのブログに「白駒の池」のコケのことが書いてあった。ブログ掲載の何枚かの写真の中に上記のカレンダーの写真を見た時、機会が来たら必ず八ヶ岳に行こう、そう決めた。長男は、小さい頃からコケが大好き(笑) 日本旅行中に、真鶴、伊豆、嵐山で立派に育ったコケの写真をたっぷり撮っていた。

カフェ&ギャラリー「徳乃蔵」、井戸尻遺跡、白駒の池、ここに行く為の八ヶ岳旅行。日本旅行が決まった時に真っ先にメールを入れたのは東京の友達。頭の中には、その友達と巡る東京と八ヶ岳があった。その友達は、入れ違いでご主人さんの転勤地ロンドンへ発ってしまい・・・。

自分で地理と交通手段を調べ出した(笑) 小淵沢と清里が近いことを知った。清里には、近くに行くことがあれば泊まってみたいと思っているペンションがあった。このペンションのオーナーさんは、高良真木さんとお知り合い。えぇ~泊まれるんだ! 一気に浮き立ってしまった。八ヶ岳旅行1泊目は、ここに。

白駒の池への行き方が、いまひとつわからなかった。11月のバスがない。見ていたのは、長野県諏訪郡富士見町が管理している公式ホームページ。ホームページには富士見町のペンションも載っていた。目に止まったペンションに電話(スカイプ電話なら国際電話も安いですよ)を入れた。電話口に出た女性の方の話し口調が気に入って(笑)、八ヶ岳旅行2泊目は、ここに。この時に、白駒の池の観光のシーズンは終了したので一般では行けないこと、道路も凍結シーズンで閉鎖していること、かなり寒いので防寒具を着て滑らない靴を履くこと、を聞いた。

最初に自分の頭の中で組んだ行動予定は、真鶴→伊豆湯ヶ島1泊→身延線から小淵沢だった。高良留美子さんをお会いすることが決まったり、泊まりたい湯ヶ島の旅館の部屋がすでに予約済みだったり、神奈川の友達の所に泊まらせてもらうことになったり。行動予定が変更になって、12月26日真鶴→友達んち1泊→27日新宿から小淵沢に決まった。この時、“あずさ”は新宿駅から出ていることを知った。

26日の夕方、町田で年齢の近い友達たちとお茶している時の会話。
「明日はどこに行くん」 京都生まれのOどん
「小淵沢に行くねん。新宿から、あの“あずさ”に乗って。2号ちゃうけどね、へっへっ(笑)」 私
「いやだぁ~。年ばれちゃうよぉ~」 伊豆生れのMちん
「年ばれちゃうよって。お互い知ってるやん(笑)」 私
個性豊かな同じ支店勤めの仲間たち。
名字の後に、ちゃん、どん、ちん、ぴん、を付けて呼ぶ(笑)

2016年11月27日 あずさ8号の席に座ると、目の前に。
2017-6-13b.jpg

50周年なんや。
流行した当時を思い出す“あずさ”に乗って八ヶ岳に向かう。
なんかどこかじんわりと感動しながら旅のスタートを切った。


幼なじみが、おばあちゃんに!

2017.06.13.12:47

幼なじみOが、おばあちゃんになった!
すごい、すご~い! 

もらったメールに。
「ばぁばがんばりまぁす。」

小学校の校庭で無邪気に遊んでいたんだなぁ。
駄菓子屋でお菓子買ったり、してたんだなぁ。

私の友達の中、まっ先に“ばぁば”になった。
これから孫ちゃんのことを考えるんだ。
本当に本当に、大きなこと。
おめでとう~! がんばれ~!

以前頻繁に使っていたパソコン、最近はメールが主になっている。ブログを書く、検索する、現在主人のパソコンを使っている。主人は学校のパソコンを使うことになり、自分のパソコンを学校に持って行かなくなった。メール用のパソコンは長年使っているので、できるだけ負担を掛けないように使わない時は電源を切っている。メールで急ぎのやりとりをしている時は別として、普段は日に1~2回メールをチェックして後は電源オフ。

11日に家事をしながら、幼なじみOのことを考えた。「6月出産だからそろそろメール入ってくるかも」そんなことを考えながら、昨年12月に会った時の様子を思い出したりしていた。さをり織りのコースター使ってくれているかな、こんなことも思ったり(笑)

大阪のTちゃんのことも考えた。「Tちゃん、どうしてるんやろ。最近メールないし。私も送ってないけど・・。来月に絵本のことを書いて送るから、それでいいかな・・。」こんな感じで考え出し、昨年12月にTちゃんちに泊らせてもらった時のことを思い出したり、今年のメールのやりとりを思い出したり、そんなことが頭の中でグルグルしていた。

11日の夜11時過ぎにパソコンをオンにしてメールをチェックすると、幼なじみOとTちゃん、ふたりからメールが入っていた。うっそ~、もう連絡が。メールの受け取り時間を見てみると、幼なじみOからは10日豪州時刻夜11時、Tちゃんからは11日豪州時刻夜10時半。その前にメールをチェックしたのは10日夜9時過ぎ。「そろそろメール入ってくるかも」と思っていた時には、すでにもらっていたんだ(笑)

フレームの話

2017.06.12.08:59

次男と私は同じ部屋で寝起きしている。寝ずにまだ起きているのか、掛け布団をちゃんとかぶっているか、夜中に次男の様子を見るにはこれがいちばん手っとり早いので。この部屋には、小物雑貨を並べている棚がある。自分が買ったもの、頂きもの、所狭しと並べている。棚に朝日が射すので、紫外線で飾り物の素材や色が劣化しないように、日が射す時間帯は遮光カーテンを閉めている。

毎朝7時半頃はバタバタしている時間帯だけど、6月9日は少し時間を持てた。主人は出勤、次男は都合により学校を休ませた、長男はそろそろ起きてくる。何気なく部屋に入ってカーペットの上に座って棚を見た。カーテンは閉まっていたけど、どこか隙間から朝日が入ってきていたようで、フレームに入った金澤翔子さんのカード「心に光を」の、光の漢字のすぐ上に、キラキラと輝く小さな点があった。綺麗だなぁ、と思いながら点を見ていた。太陽が動いたのか、そのうちに点は消えた。

金澤翔子さんのカードに関しては以前に載せた。
「金澤翔子さんの言霊」
http://papamamababytonton.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

日本人友達Tさんにメールを送ろう、そう思いすぐにメールを書いて送った。金澤翔子さんに関することをTさんに相談してみようと思い出したの9日から数日前。そのうちに送るつもりだったけれど、キラキラ光る点が私をサッサと動かした。相談内容に関しては、また。

メールでパパッと話が決まり、9日10時半にTさんがここへ。Tさんの開口一番は「家に来ない? と誘おうと考えていたらメールが入ったのでびっくりした!」そうなんだそうなんだ、私もびっくり!

織り機がTさんの目に入り、さをり織りの話題に。糸に関して分かってもらいやすいように、さをり織りのチラシを見てもらうことにした。厚みのあるバインダーの中に、工房計画の三本柱に関してを入れている。三本柱は計画した順に、レザークラフト、さをり織り、パステルシャインアート。パラパラとめくっている時に、パステルシャインアートを見たTさん「今のなに?」

Tさんから、絵を描き始めたこと、つい最近町の絵画会のメンバーになったこと、聞いた。使っている画材は、ソフトパステル、アクリル。

私の描いた絵を見てもらった。「きれいな色」「見ていると幸せな気持ちになる」そんなことを何度も言ってくれた。「この絵、売ってくれる?」と桜の絵を指したTさん。絵を売ることはできないけど一緒に簡単に描けることを話した。今週、Tさんちに行って絵を描くことが決まった。

うれしいのでフレームに入った5枚の絵も見てもらった。ここでも色使いを褒めてもらい、私は喜んでいた。Tさん「きれいなフレーム、どこで買ったの?」 Tさんは、先日大きな手芸&雑貨店の4割引きの日を狙ってフォトフレームを買った話をした。そこにアクリル画を入れていると。値段を聞いてみると4割引きでも私には高い。

5枚のうち、4枚は画材&特注フレーム店、後の1枚は写真屋さんで買ったことを話した。Tさんは、画材&特注フレーム店でアクリル画材を買っているけど余った材料から作られている既製品フレームのことを知らなかった。「今度行ってみよう。フレームを買って、そのサイズに合わせて絵を描いたらいいよね」納得顔のTさん。以前のブログに書いた、絵が先か、フレームが先か、それを思い出して可笑しかった(笑)

頭の中で出来上がっていた文章を、この4日間に少し時間が出来る度に、パソコンに文章を打ち込んでは保存していた。ブログのタイトルは「フレームの話」。

主人、昨日の昼食と夕食。同じ内容の話をした。お昼の時に何度も「フレーム」という言葉を言い、夕食の時には「Set of frame」が言葉に入っていた。私の頭の中にフレームがあるところに登場することも驚きだけど、話も驚きなのでタイトルを「フレームの話&Set of frame」に変えることにした。

今朝、またまた関連話が。全部を詳しく書くことはできないんだけど、大事なことなのである部分まとめて「Set of frame」として近いうちにブログに載せようと思う。ということで、タイトルは元に戻って「フレームの話」。

プロフィール

Blue Moon102

Author:Blue Moon102

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR